医師と違う点はどこか

医師と歯科医はどう違うか

トップ

医師と歯科医の違いとは

医師と歯科医では、全く違います。医師はドクターですが、歯科医はデンティストです。まず、大学の難易度が違います。国立の医学部は旧帝大並みの難しさです。私立の医学部でも、偏差値65以上の大学ばかりです。歯学部は国立の場合は60程度の偏差値が必要です。私立の歯学部はボーダーフリーの学校があるくらい、低くなっています。ですから歯学部でも国立と私立でははっきりと二極化しています。また、仕事を始めてからも収入面で差が出てきます。開業する場合、医師の年収は1000万円以上、多ければ2000万とか3000万円の世界です。しかし、デンティストでは、600万円程度が多数で、1000万円以上の人は稀です。

医師 転職でお探しの方はこちらをご覧下さい。
専門の求人を自分の条件にあわせて、検索することが可能です。安心して就職活動を行うことができるでしょう。

歯科医になるためする事

歯科医になるためには、医師とは違う道に進まなければいけません。歯学部に入学をした上で知識や技術を学びます。歯の健康に限定をして学ぶことになるのです。最近では専門も増加をしてきたので、一般なのか審美なのか、矯正なのか色々専門を選ぶことができるようになってきました。それでも医師よりは選択肢が狭いです。臨床も行うことになるのですが、研修の段階では一般の歯科医院に就業をするということがあまりないのです。最近では実際の患者と同じような対応をするロボットも開発されてきており、歯科医の治療のシミュレーションも可能となりました。

医師の基本の情報

© Copyright 医師と歯科医はどう違うか. All rights reserved.