医師が眠れない理由

医師はどれくらい寝るのか

トップ / 医師はどれくらい寝るのか

医師の睡眠時間はどのくらい

医師という仕事は多忙で、ほとんど眠ることができないのではないかと思われがちです。一般的な医者の睡眠時間は6時間くらいとされていて、科によって、また当直や勤務時間などによっても違ってくるようです。患者の命に係わる仕事ですから、寝不足の状態での勤務ではいけないと意識的に睡眠をとるようにしている人も多いようです。また、研修医や若い医者はベテランの医者よりも睡眠時間が少ないようです。これは、院外労働が多かったり、一日の労働時間が長いからだといわれています。睡眠をしっかりとることは、医師だけの問題ではなく、その病院にも、その患者にも関係してくる大切なことです。

医師の睡眠時間について

地域の診療所や自ら医院を開業した医師は、平均的な睡眠時間を確保する事ができます。一方、夜勤のある病院や患者の数が多い大規模な医療機関で勤務している方は十分な睡眠時間を取る事ができていないです。仮眠の時間があっても複数の患者にアクシデントがあった時はその時間はなくなってしまいます。昨今、開業医でも十分に寝る時間を確保できないケースが出てきています。患者のニーズやライフスタイル等が多様化し、夜間診療や休日診療を行う医師が増えました。結果、本来は夜勤等なく十分な寝る時間を確保できる開業医が寝る時間を減らす事になりました。

医師の基本の情報

© Copyright 医師と歯科医はどう違うか. All rights reserved.