医師と患者の関係

医師が治療以外にする事

トップ / 医師が治療以外にする事

医師の生活とはどのようなものか

医師は、他の職業に従事する人間と同じように勤務時間が定められています。それ以外の時間は自分の生活のために使う事ができます。しかし、患者の状態によっては勤務時間を超えてもその患者のケアを行わなければならない時があります。結果、医師としての時間が長くなり、生活リズムが狂い、心身を悪くするケースがあります。また、時間が不規則なため家族や友人等とコミュニケーションを取る事ができず、良好な人間関係を構築できないケースもあります。不規則なリズムになりやすい業務ですが、自分のペースをつかむ事ができれば、充実した時間をおくることができます。

日常生活はどのようなものなのか

医師は、生活時間の多くを患者のケア、病院の他のスタッフとのコミュニケーションにあてなければならないです。そうでなければ、患者の心身の健康を守る事ができないだけではなく、スタッフが安定した状態で勤務をする事が難しくなるからです。医師は、休日は自分のために時間を使い、心身をリフレッシュさせています。病院中心の生活で溜まったストレスの解消に努めています。休日は、仕事の事を忘れ、自分や家族のためにその時間を使うケースが多いです。休日まで業務の事を考えてしまうと、疲労が取れず、休み明けの業務でミスをしてしまうからです。

医師の基本の情報

© Copyright 医師と歯科医はどう違うか. All rights reserved.